実は必要ない!?礼金を支払う理由について

大家さんの懐に入るお金

賃貸物件を借りる時、初期費用というものを支払わなければいけませんよね。初期費用とは、敷金や礼金、仲介手数料や鍵交換代など、賃貸物件の契約時に必要になってくるお金のことを言います。この中で、敷金は家賃を支払えないときなどの担保金の性質を持ち、仲介手数料は仲介した不動産会社に支払われる料金である一方、礼金はこうした明確な使い道のようなものがあるわけではなく、もっぱら大家さんの懐に入るお金です。こうしたお金は必ず支払わなければいけないものなのでしょうか。

礼金は過去の名残に過ぎない

そもそも礼金とはお礼金のことです。お礼金とは、その名の通り、お礼の気持ちを表すためのお金ですね。ではお礼の気持ちとは何でしょうか。それは住む家を貸してくれたというお礼です。これは、まだ日本が戦後間もない荒廃していた時代に発生した習慣で、その習慣が現代にまで残っているだけなんですね。つまり現代の物件過多の時代において、礼金はほとんど有名無実化しているというのが実情なのです。礼金は、いわば過去の習慣の名残に過ぎないんですね。

礼金のない物件も増えている

現代というのは、賃貸物件が溢れかえっている時代です。道を歩けばたくさんの物件が立ち並んでいますね。そうした世の中にあって、礼金はほとんど意味をなさなくなってしまっています。かつては入居者の方が物件を探すことに難渋したものですが、今はむしろ物件の所有者の方が、入居者集めに困っているからです。なので最近では、敷金や礼金を支払わなくても良いという物件も増えてきています。初期費用がかからないということは、部屋探しをする者にとってはとてもありがたい状況ですよね。

札幌の賃貸が人気となっており、非常に多くの方が入居をしています。アクセスが便利な地域ですので人気です。