マンションが欲しい!中古マンションを選ぶメリットとポイントは?

価格、物件の豊富さが最大のメリット

マンションが欲しい。そう考えたとき、新築より価格が低いことは中古マンションの最大の魅力ですね。新築マンションを買っても、住んだとたんに市場価値は下がります。手の届く価格でいろいろな物件を選ぶことができるのは中古ならではと言えるでしょう。ここで一つ注意したいのは、物件自体だけではなく、管理費・修繕積立金を合わせてチェックしておくこと。マンションによって全く違う金額だったりします。これはずっと払い続けていくものなので、毎月の家計の負担とならないように気をつけたいところです。

マンションの居住者や、住み心地がよく分かる

これから住むかもしれないマンション。居住者の様子が前もって分かるのは安心です。内覧に行ったとき、マンション内の雰囲気を味わえるのは新築にない利点。人の出入りや共用部分の使われ方などを見ておけば、実際に住んだときのイメージが湧きますね。できればしばらくエントランスの外にいて、住んでいる方達を眺めさせてもらうと大事な判断材料にもなります。内覧は昼間に行かれることが多いと思いますが、目の前の道路の渋滞や周辺の街灯の明るさなど、夕方以降の時間帯にも見に来るのを忘れないで下さい。

リフォームで新築同然の内装に

買いたいマンションが見つかったら、住む前に気になる所をリフォームしておけば、新築に負けない綺麗で快適な室内になります。中古マンションが売りに出される時の状態は様々です。住みだしてからだと工事は大変ですから、物件が決まったらリフォームを計画的に進めましょう。水回り、キッチン、壁紙などがメインですが、築浅ならほとんど必要ないことも。逆に年数が経っているなら、バリアフリーにしたり床をフローリングにするなどで、見違えるような最新の仕上がりにすることが出来ますよ。理想のマイホームをぜひ、実現させて下さい。

新築マンションの正しい決め方は今後の生活を安心して暮らせるように場所を探し、今後の生活のスタイルを考えて間取りを決める方法が最適です。