詳しく知りたい!マンション購入資金のアレコレ

住宅ローンの賢い利用法

マンションは「欲しいと思ったときが買いどき」とよく言われますが、購入資金をどうするかが大問題ですよね。マンションの購入資金は、できるだけ低利、なおかつ長期間借りるのがポイントです。そうすることで、毎月の返済金額を抑えることができるんです。銀行では、マンション購入者用のマンションローンを用意していますが、できることなら通常の住宅ローンを借りたいものです。年利が1%から2%も違うため、トータルの返済金額が大きく変わってくるためです。ローンを返済するのは長期間に及ぶので、金利がちょっと違っただけでも影響が大きいですよね。

金利と返済額のビミョーな関係

マンションの購入資金を借りるときには、返済についてもじっくりと考えておく必要があります。返済のことをあまり考えないでマンションを買ってしまい、後でローンで辛い思いをしたり、最悪せっかく手に入れたマンションを手放さなくてはならなくなったらタイヘンですよね。将来、金利があがったとしても返済できるのか、返済額を増やす余裕があったとしたら、どれ位の期間でローンを繰り上げ返済できるかなど、多角的なシミュレーションをしておくといいでしょう。不動産会社のスタッフや銀行の担当者に手伝ってもらうと手っ取り早いですね。

銀行へのアプローチは不動産会社にお願い

マンションの購入資金を銀行から借りるには、大きく2つのルートがあるとされています。一つは、不動産会社や建設会社などから金融機関を紹介してもらうという方法です。もう一つは、自分で金融機関に直接アタックをかけるという方法です。このうち、初心者にとって簡単なのは、普段から銀行との付き合いが多い不動産会社等に銀行を紹介してもらう方法です。いきなり銀行の融資係のところに飛び込んで行っても、そう簡単にお金を貸してくれるわけありませんよね。不動産会社など、素性のしっかりした会社から紹介を受けたほうが成功する確率が高いんですね。

函館のマンションに住むことによって得られるメリットは、防犯対策がしっかりしているので安全な生活を送れるメリットがあります。