居抜きの空き店舗は得?見落としがちな注意点を探る

最初は自分の意思をシッカリ持つ!

居抜きにするかどうか考える前に、自分の意思をしっかり持つ事が重要です。自分の考える業態に合う立地(通行量・企業数・住民数)か、ターゲットとする年齢層数をチェックして希望の地域を選択します。居抜きだけをチェックすると条件に合う地域を見落としがちですから、市場調査を行ってから希望地域を設定すると自分の意思を確定できます。あいまいなままでは失敗する可能性が高い上に、大事な不動産業者との折衝も上手く行きませんよ。

前の店舗について調査を行う!

居抜きの場合は特にですが、空き店舗物件は店舗履歴をチェックします。前の店舗がどんな業態(飲食店でもラーメンとイタリアンでは違いますよね)で、どんな理由(後継者不足・倒産・移転など)でこの物件が空いたのか知っておくと対策を講じる事が出来ます。大半がマイナス要素の理由になりますので、不動産業者は話し難いかもしれませんが地道な調査は不可欠です。前の店舗のイメージと重なるとマイナスになる場合もありますので借りる前にチェックします。

貸借権譲渡承認を確認する

居抜き物件の場合に大家との契約ではなく前の店舗契約者との契約になるケースが多く、後になって大家から文句や問題提議されたらコチラは負けになり立場は非常に弱くなります。そうなったら立ち退きや訴訟など大事になってしまいますので事前に確認して契約の際に大家に貸借権が譲渡された旨の承認をキチンと受ける必要があります。例え不動産業者が仲介していても貸借契約に大家も立ち会ってもらうか書面でキチンと許可を頂ければ問題なく契約履行出来ます。

店舗物件とは、飲食店やサービス業の窓口として利用できる不動産物件です。最近は居抜き物件と呼ばれる店舗の什器がそのまま残っている物件が人気です。

注文住宅と建売住宅どっちがより良い住宅なのか!

自分のライフスタイルに合わせて

新しく一戸建てに住むとなったら、そこにはいろいろな選択肢があるものですね。注文住宅にするのか、それとも建売住宅にするのか、なかなか悩むところではないでしょうか。もちろん、どちらにも良い面はありますし、またどちらにも良くない面があります。つまり一長一短なのであって、結局は好みによって分かれるところのものなのです。自分のライフスタイルに合わせて、どちらがあっているかということを一度じっくりと考えてみるのも良いですよ。

注文住宅の良いところ

注文住宅というのは、一から住宅を作り上げていくという類いの住宅であり、かなりの手間がかかってくるものです。場合によっては、まずは土地から探していかなければいけないものですし、また住宅を建てるにしても完成までどうしても時間を要してしまうものです。しかし注文住宅の良いところとしては、何と言っても自分の住みたい家のイメージをそのまま実現できると言うところでしょう。注文住宅では、ライフスタイルに合わせた、理想的な家づくりが可能なのです。

建売住宅の良いところ

建売住宅では、すでに建てられている住宅の中から、自分の気に入った家を購入するという住宅ですね。この場合、注文住宅に比べて住宅の自由度は下がってしまうかもしれません。住みたい家のイメージと少し違っていても、妥協しなければいけない点も出てくるかもしれません。しかし建売住宅であれば、契約から即入居することが可能ですし、注文住宅と比べると、手間が格段にかからないという利点があります。また予算の面でもリーズナブルに抑えることができるというところも、建売住宅の良いところですね。

注文住宅はこだわりたい部分はとことんこだわることができます。例えば、キッチンを使いやすく自分流に設計してもらうこともでき、素材も選ぶことができます。